おれんぢ日記

食いしん坊OLの(食べ歩き、旅行、映画、観劇、登山、健康)くだらない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カティンの森

これは 第二次世界大戦中である 1940年春のソ連領ポーランドで起きた本当の事件を基にした映画だ

本当は公開初日の12月5日に観にいってすぐ紹介したかったのだけど 忙しくてこんな遅くなってしまった
これは日本では東京の神保町にある岩波ホールでしか公開していない
公開初日は朝から物凄い混雑で全回チケット売り切れの満席で
階段に物凄い行列ができた うちはたまたま早くに着いていたので前の方に並べたけど
いつも岩波ホールに映画を観に来る常連さんが「こんな混雑みたことない!」と言っていた
どうやら一部マニヤにはすごい人気らしい

この映画は 事実を元に こうであったろうと作られている話なので ネタバレしたら面白くないとか
そういうものではなくて
逆に なんの前知識もなく観にいくと 難しくて理解できないと思うし楽しめないと思うので
ポーランドの歴史について ある程度の知識を持ってから行った方がより理解できる

だからうちはネタバレで書くよ?

この映画の作りのすごいシーンは後半にやってくる それも最後の最後に
事実はわかっているけれど
だけどそれを実際に鮮明に作られた映像でまざまざと見せ付けられると 圧倒されてしまう びっくりした
この最後の処刑シーンはものすごく生々しく鮮明でかつ冷酷でものすごく重い! ズーン!と来る
そのままエンドロールに続くんだけど なんの映像もなんの音楽も流れず
真っ暗くシーンとした中にただエンドロールが静かに流れていくので

これは辛い あまりにリアルすぎて涙も出ない
よくある映画の最後にすごいシーンや感動するシーンや悲しいシーンがきたあと
それにあわせたような音楽が大音量であるいは静かに流れると さらにその感動が押し寄せて
どうだ!これでどうだ!て風に自分の感情を映画の作り手にコントロールされてる感があるけど

この映画のこの最後は本当にひどい
衝撃のシーンを見せられたあとに 真っ暗でシーンとしている時間が長くあると
自分だけがこんな事実を知ってしまった!かのように誰にも話せずどうにもできずただ黙って辛く重い気持ちになる
これが監督の作戦なんだと思うが
この映画に出てきたポーランド人達は
こんな風にひどい事実を自分の心に抱えながらそれを誰にも言えずじっと静かに暗く重い長い年月を過ごしていたん
だよ!わかった?ねえわかった?と言われているように思える

この映画の題材 カティンの森事件 について ちゃんと説明しようとすると物凄く長くなるので
少し短く説明すると とはいっても うちが説明すると長いのだが^^;

1939年9月ポーランドはドイツとソ連の両方から侵略され敗北する
そのとき西はドイツに東はソ連に占領されたポーランドの東側すなわちソ連領であったところに
そのカティンの森と呼ばれることになる場所があった
敗北したポーランドの軍人や医師 教師などの民間人がたくさんソ連の捕虜になり強制収容所に入れられたのだが

1941年春ナチスドイツとソ連の戦争が勃発しポーランド全域がドイツの占領下に入り
ポーランド人の捕虜たちが釈放されたが 釈放された捕虜の数があまりに少ないため
ポーランドの亡命政府が捕虜の釈放を要求 不明者を問い合わせたがソ連は満足な回答をしないまま月日が過ぎる

そして1943年春ドイツ軍によって その地域に長さ28メートル横16メートルの12層からなる大きな穴に
3000人のポーランド人将校の死体が横たわっているのが発見される
全員がポーランド正規軍装を着用し 後ろ手に縛られ 首の後ろに銃で撃たれた跡があった
その後の調査で次々に同じような穴がみつかり 処刑者数は全部で1万5千人くらいだと言われている

当時ドイツの宣伝相はこの事件を利用し連合国の足並みを乱そうと
ソ連がポーランド人捕虜を大量に虐殺したと大々的に世界へ宣伝した

しかしソ連は「これはドイツの仕業だ!自分たちの罪を隠すために自分たちのせいにしている!」と反論
1987年東西冷戦の時代が終わるまで ロシアはずっとこの事件をドイツのせいにしてきた

しかし1939年秋からドイツがそこへやってくる1941年春まで
劣悪な環境の強制収容所で そのポーランド人たちが働かされ生きていたのなら
服も靴もボロボロであったはずだが 死体の靴は傷みもなく靴底も磨り減っていなかったので
収容されてから それほどたたずに処刑された=ソ連の仕業 など
他にも色々理由はあるようだが ソ連が行ったことだというのは今では明らかにされている事件だし
ロシアもそれを認めている

これが カティンの森事件である

映画の冒頭は この1939年9月ポーランドが 西はドイツ 東はソ連 両方から攻め入られるシーンから始まる
ポーランド人の捕えられた将校の家族の視点からみた話になっている

この時の捕虜の中で処刑の対象となったのは そのほとんどが
将校 医師 弁護士 教師 技師などの知識人達であったというが
東にあるソ連にとってはポーランドがちょうど西側諸国との間に位置する重要な場所であり壁であったので
その壁は味方につける必要があった
だから医師や弁護士教師などの知識人たちを潰し 反逆の芽を摘み取っておかなければならなかったし
処刑された将校達は 第二次世界大戦より前のポーランドvsソ連戦争の時に参戦していた将校たちであったという

1920年~1921年のポーランドvsソ連戦争でソ連は敗れ かなりの領土をポーランドに割譲させられたので
さぞかしスターリンはポーランド軍人を憎く思っていたことでしょう
処刑されずに生き残り赤軍に編入させられたのは この戦争に参加しておらず親ソ的な態度を見せた者たちだったとか

ポーランドは17世紀~18世紀の頃からポーランド=カトリックと言われるほどカトリック信者が多かった
しかしソ連はロシア正教
ポーランドをロシア化させるには宗教は脅威 国民の教育に深く関わっているからだ
だからカトリック協会を弾圧する
ドイツも同じ ドイツはプロテスタント だからポーランドのカトリック教を弾圧する

第二次世界大戦より前の18世紀の時代
ポーランドは その周りの国々 プロイセンやロシア オーストリアなどによって3度も4度も
国を分割され潰されてきた その度に何度も蜂起する
その度にポーランド国内に住んでいた 同じポーランド人達がみなバラバラに国外に出ていった
そして同じポーランド人同士 別の国の人間として争いあうことになってしまうのだ

18世紀から 自分たちの国が自分たちの国でなくなってしまったポーランド
いつでもどこかの国のものになっていたポーランド

映画の中に出てくる姉妹の姉が言うセリフ「ポーランドに自由は在りえない 覚えておいて」

これらに関することが映画の中の色んなシーンと関係している
特に収容所の中では宗教的なシーンが多い 最後の方に宗教的な言葉を言うシーンがあるんだけど
わたしはポーランド語もロシア語もわからないしキリスト教にも詳しくないからわからないけど
多分カトリック的な言葉が語られていたのじゃないかと思う

また この事件だけでなく そのあとのワルシャワ蜂起 とその後と繋がっている

この映画は ソ連はこんなに悪い!とかドイツが!とかいう映画なのではない
これはソ連が起こした事件だけれども あの戦争のさなか ドイツや他の国が起こしたって不思議でもないし
誰かの命令で あんなに淡々と 何万人もの人々の処刑を まるで機械のごとく行える
戦争という狂気が どれだけ人を狂わせてしまうか

戦争によって 戦争に参加したもの だけでなく その周りの普通の市民である家族たちが
こんなに辛くて苦しくて暗くて長い日々をびくびくしながら息をひそめて
何かに耐えながら生きていかなければならない あるいは死ななければならない
どんなに悲しいことなのかということ

を表しているのかなあと うちは思った

とにかく 最後のシーンはすごいです ひどいです

良い映画ではあるので 歴史映画が好きなひとは 2月上旬まで 岩波ホールでやっているので観てくると良いです
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

世界で最も恐ろしいタブー、解禁。

お友達のネコノさんのところに こんな記事がコピペしてあったので
うちはもう昨日からツボにハマって笑いが止まりません これはどうしたら良いでしょうか

・・・・・・・・・・・ 以下 記事のコピペ ・・・・・・・・・・・・・

206 名前:いつでもどこでも名無しさん[sage] 投稿日:2007/05/01(火) 11:02:30 ID:???0
どうでも良い事だけど、ちょっと聞いて下さいよ。
この前、友人と映画を見に行こうと思ったんです。
シリアナってジョージ・クルーニ主演の映画です。

シリアナは元CIA工作員の告発を元に作られた映画だそうで
面白そうだから、前々から気になっていたんです。
それで、友人に「ああ、ジョージ・クルーニのシリアナ見てぇ」って
言ったら、その友人真っ赤になって「俺帰る!」って言って帰ってしまいました。

それから暫くしてシリアナがDVD化されたので、先の友人に
「なぁ、俺の家で一緒にシリアナ見ない?」って言ったんです。
そしたら友人は、また赤くなって「お前とは、まだそういう段階になれない!」
って言って、わなわな小刻みに震えるんです。尋常じゃありませんでした。

それで思うんですけど、僕の友人はひょっとするとCIA工作員ではない
でしょうか?。気になって夜も寝れません。

・・・・・・・・・・・・・ ここまで ・・・・・・・・・・・・・・

オマケに 公式HPのトップコメントが

世界で最も恐ろしいタブー、解禁。


だめです もうこれはイケマセンwwww
ネコノさんのせいですwwww






テーマ:本日のネタヽ(´∀`)ノワショーイ - ジャンル:ブログ

スペル

ここ2ケ月くらい諸事情により 映画館に映画を見に行くことを自粛していたんだけど
今週よりやっと解禁になったので 昨日映画を観てきた

「スペル」

ホラー映画を映画館に観にいくのは あんまり好きじゃないんだけど
これの前評判が「ホラーなのに 笑える!」ということだったので
どんだけ面白いのか気になって観て来たら・・・

いやいや なんてか 予想していなかった時に突然婆さんが現れたりして
思わずビクン!!!と身体が動いてしまう場面もあったけど
それほどホラーとしては怖くない

ばばあの攻撃の あまりのありえなさに 思わず笑ってしまう場面もあった 一箇所だけ・・・
だけど全体的に それほど大笑いする場面が多いわけでもない

それよりなによりグロいwwwwwwww

ホラーというより グロイというか 汚いというか・・・
なんでアメリカ人は こういうグロい映像が好きなんだろう^^;


予想していた終わり方とは違ったところは 少し面白さを感じたけど
全体的には どうかなあコレ・・・?

とにかく 食事の前に観ないで良かったよ・・・とだけ言っておこう


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ウォーダンス 響け僕らの鼓動(ネタバレします)

戦争で両親を殺され家を奪われたウガンダの子どもたちが
仲間と一緒に奏でる音楽と伝統舞踊を通して笑顔と希望を取り戻すまでを克明に映した
ドキュメンタリー映画ということで
これを観た人達のレビューの評価がほぼ全員物凄く高く
本当に最後にこの子達の鼓動の響きが感じられる その輝きと力強さに心打たれるというので
どうしても観たかった映画だったのだが・・・・・昨日川崎で上映されることになったというので観てきた


作り話の映画のように むごたらしいシーンの映像が流れるわけではなく
全て 体験した子供達の声で語られるのだが 
作り話ではなくて・・・・これが本当の話なだけに 話を聞いているだけで
その事実のあまりのひどさに それを想像すると 思わず嗚咽がもれるほどズガーン!と心にくる

これは ウガンダ北部の 反政府勢力の活動が一番活発で政府軍との戦闘が一番激しく危険な地域
にある パドンゴ避難民キャンプに暮らす子供達の通う小学校の生徒達が
1年に一度行われるウガンダで知らない人はいないほど有名な大会だという
全国から2万を超える小学校が参加を競う「ウガンダ全国音楽大会」へ初参加し優勝を目指すという
ストーリーなのだが

そんなパドンゴの小学校から音楽大会へ参加するメンバーに選ばれたうちの
3人にスポットが当てられている 女の子のナンシーとローズ 男の子のドミニク

ナンシーは兄弟と寝ている間に 両親が反政府軍に連れ去られ しばらくして母親だけが戻ってきて
お父さんが反政府軍にバラバラに切り刻まれ 母親はその死体を埋めるよう命令されたと聞かされ

ローズは親に家から離れた茂みに隠れて寝てなさいと言われ兄弟と隠れて寝ていた間に
家に反政府軍がやってきて「子供の居場所はどこだ?」と聞かれた両親が「子供はいない」と言うが
しばらくして政府軍の軍人さんと一緒に子供達が家に戻ってみると 家に両親はいなく
外にあった土鍋を軍人さんが火から下ろしてみると 土鍋の中にいくつもの生首があって
その中にローズの両親の生首もあったのを目の当たりにする
そして「両親が私達子供の居場所を話していたら 殺されずに済んだかもしれないのに」
という思いが頭を離れない

ドミニクは兄と2人 反政府軍に誘拐され少年兵にされるのだが 捕えられていたのはたった2週間
なのに 2ヶ月もあったかと思うくらい長く感じたという その間に反政府軍とともにいて
ドミニクが目にした状況 自分たち捕らわれた子供達が兵士に脅されて行った 地獄のような光景
どんなことを見てきたのかは 今はまだ自分の口からは話す勇気がないと語るドミニク・・・・
ただひとつドミニクが話したエピソードは
ある日反政府軍と農地を歩いていたら 目の前に農民が3人歩いていたのが見えたと
反政府軍の兵士達は捕えた子供達に命令する 彼らを彼らの農具(クワ)で殺せと
目をそむけず ちゃんと彼らを見て殺せと そうしないとオマエラを殺すと
ドミニクは言われた通り その農民の頭を何度もクワで叩いて殺したという
彼は言う「彼らはなにも悪いことはしていないのに・・・」
唯一話したエピソードがこんなひどい話なのに
それよりも話せない出来事があったとは どれだけ恐ろしいことがあったのか想像もできない

しかも自分ひとりだけ逃げ出せたのか救出されたのか 兄はまだ反政府軍に捕えられたままだ
自分が逃げたことで兄は反政府軍に殺されていないか 無事逃げ出せたのか 兄の安否が心配だ
ドミニクは最近 反政府軍の指揮官の一人が政府軍に捕えられたと聞き
兄の安否をその兵士に確認できないか聞きたいので面会したいと政府軍に頼む

そのドミニクが反政府軍の捕えられた指揮官に兄のことを質問するシーンが 特に印象的だった
ドミニクは 多分兄は殺されたと聞かされる
しかしドミニクはその後も すごく落ち着いた調子で 静かにその兵士に問うのだ
「人を殺したり 子供をさらったりするのは 悪いことだよね?」
兵士「・・・・・」
「どうして 悪いことだってわかっているのに そんなことするの?」
兵士は答える 「・・・・命令だから・・・・」
「家族は子供が多い方がいいんだ」(子供がたくさんいる家が強い?だったかな?)
するとドミニクは冷静に返すのだ
「悪いことだってわかっているのに軍を大きくするために子供をさらうんだね」←こんな感じ うろ覚え

小学生なのにドミニクの方が大人より大人なのだ
あの堂々とした落ち着きと しっかりとした考えを持っているドミニクがすごい
自分が逃げたせいで兄が殺されたという自責の念がきっとあったと思うのに・・・・

ナンシーも ある日 反政府軍にさらわれていた母親が無事にキャンプにたどり着き
2人で父親の埋められている墓のところへ行くのだが
父の墓を見たとたん「自分もお父さんと一緒に死にたかった」と泣き崩れる

ローズにいたっては それでなくても両親が殺されたショックで心はボロボロなのに
身を寄せている叔母さんから子守家事掃除水汲み家のことを全部させられ
コキ使われて ひどい扱いを受けている それでも口答えせず 黙って働いている
小学校の休み時間に みんなわいわい騒いでいる隣で一人死んだような表情で涙を流すローズに
心が痛む

そんな彼らに音楽で彼らの傷ついた心を癒そうと パドンゴ小学校の教師達が
「ウガンダ全国音楽大会」に挑戦することを薦め
大会の2週間前に首都カンパラから音楽専門家を2人招いて特訓が始まる

最初は笑顔なんてできなかった彼らが 歌や楽器 踊りの練習をするうちに
徐々に癒されていき そして民族の誇りを取り戻していく
皆と歌っている間 必死に楽器を演奏する間 踊っている間
その時間だけは 嫌なことを忘れて 音楽に没頭できて 楽しくなれるのだ

パドンゴ避難民キャンプに暮らす人々は そんな彼らと同じ 親や兄弟 親戚を殺されさらわれた
人達がほとんどで 彼らはそのキャンプ地周辺に住んでいた アチョリ族の人々なのだが
反政府軍の構成員も同じアチョリ族なのだ
だから彼らはウガンダに住む他の民族からも罵られ虐げられている

首都カンパラへ「ウガンダ全国音楽大会」へ出場のため行ったときも
他の出場校の生徒達から「人殺し!」と罵声を浴びせられる
傷ついた彼らの心はますます暗く表情も沈んでしまうが
ドミニクは強い
「みんな北部の紛争地域に住む僕達になど何もできないと思ってる!でも伝統舞踊で証明してやる
んだ!僕達が巨人であることを!」
ナンシーは言う
「踊っているときは辛いこともみんな忘れて故郷に帰った気分になるの!」
彼らはアチョリ族の失われた誇りを取り戻そうとしている

大会は8部門に分かれて行われるが そのうちの彼らの伝統舞踊のシーンが特にイイ
輪になって歌い踊りだすうちに みんな輝いた笑顔になっていく
そのダンスの迫力のすごいこと
南部の豊かな地域の小学校の生徒達はみな新品のキレイな衣装だが
ドミニク達は楽器も衣装も中古品のリサイクルや手作りで貧しくボロボロ でも迫力は誰にも負けない

そして大会の結果は・・・・・

大会のあとも ドミニクが本当に最後までとても立派だ

民族の誇りを取り戻し キャンプに帰ってくる彼らの表情は本当に嬉しそうだ

ローズ「私は 親を殺されたかわいそうな女の子じゃないの。」
    「カンパラで伝統舞踊を踊って優勝カップを持ち帰った女の子よ!」

ドミニク「僕は部族の未来そのものなんだ!」


なんて強いんだと思った
強く生きていくために必要なものとは何かを この映画は教えてくれている

日本に生活していて起こるささいな悩みや問題はなんてちっぽけなものなんだと感じる

この映画の後に続けてインドのカルカッタの売春窟を舞台にした「未来を写した子供たち」も観たが
この二つを合わせてみると これらの映画から伝わるメッセージがより良く感じられると思う

こっちの映画の中に登場する子供達のうちのひとりが写真撮影の腕を買われ
アムステルダムで行われる世界の子供達の写真展に招かれた時に
自分たちが撮影した写真の一枚一枚を他の子供達に説明するシーンで言うセリフ
「これは少し悲しい写真でしょ?でも ちゃんと見なきゃね」

彼はすごい すごく立派で賢い
父親はハシシ中毒で もう人として役に立たない 大人は誰も相手にしない
「そんな父親でも 僕のお父さんだから 嫌いになりたくないんだ」
母親は売春婦だが客の男に台所で火をつけられ焼き殺された
そして自暴自棄になったあとで立ち直りかけたときのセリフがアムステルダムでのセリフなのだ

「ウォーダンス 響け僕らの鼓動」
インドの少年の言葉で言えば これは ひどく悲しいが ちゃんと見なきゃいけない話だと思う
コレを観てそれぞれが何を思いどう行動するかはわからないが 観る意義はすごくあると思う
この映画の公開場所や期間が限られていることがとても残念だ
もっとたくさんの人に是非観て欲しいと思う



 





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。