おれんぢ日記

食いしん坊OLの(食べ歩き、旅行、映画、観劇、登山、健康)くだらない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行記 3日目アグリジェント 2

昼食の後はまた歩いて次の神殿 コンコルディア神殿
コンコルディア神殿
見晴らし良い広くて大きな丘の上に建っていて 神殿も一緒に見える風景もスバラシイ
紀元前450~440年頃のもので 前面に6柱側面は13柱ほぼ完全な姿で建っている
ギリシア神殿建築の最高傑作と言われる神殿

コンコルディア神殿右から
近づいて右から

コンコルディア神殿正面
近づいて正面から

コンコルディアから海
遠くに海も見えるんだよ

うちはここで一人旅をしている外人のおっちゃんから「おれの写真を撮ってくれないかー?」と頼まれ
OK~^^ と相手のカメラを借りようと手を出した時に 脇に挟んでいた現地地図を落として失くしたらしいw

道の脇にちょっとした遺跡が並んでいたりする道をずうっと歩いて次の神殿 エルコレ(ヘラクレス)神殿
エルコレ
他の神殿は立ち入り禁止なんだけどコレは近くまで行って柱を見られる

エルコレ人つき
崩れまくってて凄い 辺りに石柱の倒れたのがゴロゴロ転がってる

サボテン群
脇の斜面には やっぱりサボテン群

ニューシネマパラダイスの1シーンで トトが彼女とピクニックしてる時
そこら辺に生えてるサボテンの大きな葉をバサっと2枚切ってお皿代わりにしてサラダを食べるんだけど
そうか~この葉を皿にしてたのね~ と 映画のシーンを思い出して納得する

んで所々生えてるのが びっくり!オバケアスパラ!!3Mくらいもありそうな巨大なアスパラ
巨大アスパラ
帰国後調べたら タブン リュウゼツラン とか言われるサボテンの一種みたいだね

この遺跡の次は一旦出口から出て 道路を渡って向こう側の遺跡地帯の入り口をまた入るよ
ここの出口と向こうの入り口の間にちょっと大きな駐車場があって土産物屋や食べ物屋台やトイレがあるよ

続きはまた明日
スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

イタリア旅行記 3日目アグリジェント 1

パラッツォ・アドリアーノから専用車で1時間45分 
古代ギリシャの神殿群が集積している大遺跡の街 アグリジェントへ

アグリジェントの大遺跡や見どころの分布は広く 大きく3つに分かれているのだけど
①神殿がたくさんある 神殿の谷 考古学地区
②国立考古学博物館
③古代の町の跡が残る ヘレニズム期・ローマ期地区

うちらはここでの観光時間が昼食を含めて2時間半しかないので 今回は①の考古学地区の観光に絞ることに

遺跡群の観光は車は入場できないので各入り口に駐車場があって そこから歩いて移動するのだ
まずは南東の角にある ジュノーネ・ラチニア(ヘラ)神殿の近くの入り口からチケットを買って入場し
西に続く遺跡群の中を歩いていくよ

ジュノーネ・ラチニア(ヘラ)神殿
ジュノーネ・ラチニア(ヘラ)神殿
入場してちょっとですぐ見えてくる でも斜面になっているので 上の方まで斜面の階段を上っていくのだ

この後 次の大きな神殿までは長~~~い道をゆくよ!すんごく広いのだっ!
アグリジェント道路
見えない 先が見えないよっw

長く続くこの道路の脇にはサボテンがいっぱい生えているのだ
サボテン郡
気温はそれほど高くないけど南イタリアの日差しはキツくて暑い!サボテンに花がいっぱい咲いてたよ

サボテンの花
つぼみがたくさん!もうすぐ満開になりそうだね

でもね よ~く近づいてみると 道の脇のこのサボテンたち ほとんどがこんなことになってるんだ
サボテンのらくがき
すごいでしょ!あっちもこっちもらくがきだらけだったよ!ひどいよね><

次の神殿に行く前に ちょうどお昼の時間になったので お昼の休憩をすることにした
ジュノーネ・ラチニア神殿から次のコンコルディア神殿へ向かう道の途中 すぐ右側に見えてくるバール
現地旅行会社の人からアグリジェントで昼飯食べるならココがオススメだよ!と教えてもらった店の1つ
アグリジェントのバール
この店の外左側に公衆トイレがあってトイレおぢさんがいて別にトイレットペーパーくれる訳じゃないんだけど
みんな入る時おっちゃんにチップ払って使ってたから うちらもチップ渡して使ってみた

モッツァレラのアランチーニ
左がモッツァレラのアランチーニ 右がエスプレッソフレッド(冷たいエスプレッソ)
パレルモで名物のアランチーニ食べ損ねたのでここで食べてみたけど すんごく美味しかったよ~!
アランチーニってライスコロッケの中に各店で肉とかチーズとか色んなもの入れてるものらしいんだけど
コレは薄味で堅めに炊いたリゾットにモッツァレラ入れたおにぎりを揚げた感じかな あっさりトロトロで美味しい!
冷たいエスプレッソって初めてだったんだけど 濃いコーヒーは熱いのを少し飲むのがいいね
冷たいエスプレッソはものすごく濃くて苦く感じて喉通り辛いwww

暑かったからジェラートも注文してみた
アーモンドのジェラート

アグリジェントといえばアーモンド!ということでmandorla(アーモンド)ジェラート!
これがアッサリサッパリ美味しい!!!
杏仁豆腐はアーモンドパウダーで作ってるから同じような味するの当たり前なんだけど
杏仁豆腐の味だよ!杏仁豆腐がジェラートになった!

ここのお店のおばちゃんはちょっと怖いけど いつも怖いみたいw 店の裏庭に入ってきた野良猫にも怒ってたw
他のお姉さんとお兄さん2人は笑顔でとても感じが良くて 良いお店だったよ

休憩の後は次の神殿へ  続きは明日っ

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

イタリア旅行記 3日目パラッツォ・アドリアーノ(映画ニューシネマパラダイスの舞台へ)

3日目はパレルモ→パラッツォ・アドリアーノ→アグリジェント→タオルミーナとロングトランスファーの日
この日は現地旅行会社で手配してもらった専用車で移動します 全移動時間 9時間

まずはパレルモから南へ約1時間45分で「パラッツォ・アドリアーノ」へ
ここは うちの大好きな映画「ニュー・シネマ・パラダイス」でトトが幼少~青春時代を過ごした
「ジャンカルド村」として使われた街
今回うちが一番楽しみにしていた街!!
撮影に使われたのは主に中心の広場なんだけど 今も撮影された当時のままなんだって!
でもあの映画館の建物だけはセットだったから ないんだけどね

到着~~~映画の中心となる映画館があった街の中心の広場として使われた ウンベルト一世広場
パラッツォアドリアーノ

後ろにあるのは映画にもチラチラ映ってた広場の噴水だよ

パラッツォアドリアーノ 鐘楼

サンティッシマ・マリア・アッスンタ教会を正面右横から撮りました 正面入り口は左側~ 
映画の中で村の教会として出てくるのはこの教会(外観のみ)
映画の冒頭に出てくるジャンカルド村の風景はこの教会の鐘楼から撮られたんだって

パラッツォアドリアーノ 映画館

映画館のセットが建てられていた場所
この通りの右奥の方がアルフレッドのお葬式の参列が通った場所なんだって

パラッツォアドリアーノ 八百屋

広場の角にあった八百屋の店先に並ぶ野菜たち
なんで撮ったかというとね~
一番下の列に並ぶピーマンが異常にでかかったからなんだけど
この写真じゃちょっとわかりづらいよねえ~わかりづらいのは じゃがいももでかいからなんだけど
どれくらいピーマンが大きいかというと
緑のピーマンの上のはプチトマトだけどピーマンの隣のトマトは小さく見えるけど普通サイズのトマトなの
ピーマンは普通のトマトの2~3倍あるでしょ
黄色いピーマンの右隣にあるのは普通のズッキーニ ピーマンがズッキーニと同じくらいの長さでしょ
写真の一番右上にあるのが白菜みたいなやつ 緑のピーマンがほぼ白菜と同じくらいの大きさってわかるかなあw
とにかく バカでかいピーマンだったよ

広場には教会が2つあって 教会と教会の間の市庁舎の1Fにツーリストインフォメーションがあるの
朝9時~昼休みを挟んで夜19時まで開いてて 年中無休なんだって!力入れてるね
ここに行くと「ニューシネマパラダイスが好きなのか~い?」みたいなこと聞かれて
「そうだ」というと隣の写真館に連れて行って案内してくれる
撮影当時のキャストや監督や町の人やいろんな写真が飾られていたよ
子供時代のトト役の子は眼鏡かけてた 撮影中はコンタクトだったのかな~視力悪かったんだね~

色々写真を眺めていたら 突然町の少女から英語で話しかけられる
「Hello!My name is Maria!(仮名) What your name?」いきなり名乗られ名前を聞かれるww
なにかと思ったら 後ろから おっちゃんが登場
「こんにちは~実はわたしたち 町の中学校の生徒達でーす!英語の勉強の為に課外授業中なのさー」
「この子達と会話をしてやってくれ~」だってw
おっちゃんは先生だったw 後ろには生徒達がわんさかw
生徒達は先生の後ろに恥ずかしそうに固まりながら こっち見てニヨニヨしてたw

先生ごめんね うちは英語あんまり話せないのよwwwwww
そしたら さっきの彼女が もう一度自己紹介から始めるw
今自己紹介するところから授業やってんのねw
簡単なことしか聞いてこなかったので なんとか会話してて 気づくと生徒達に取り囲まれるw
ちょとだけ話したら生徒達は去っていきました バイバーイ!w
あれで練習になったんだろうかwww

英語の練習すんのに 東洋人に話しかけてくるのが間違っていると思うんだw

その後 教会内部として使われた別の教会や色々見ようと思ったら
地元の「日本人好きの」おっちゃんに捕まる
おっちゃんの友達なんだという日本人音楽家の女性の写真やら手紙やら
その人や他の日本人の住所書いた手帳とか見せられるw
そして自慢話が長いwww おっちゃんの話を聞いてたらもう移動しなきゃいけない時間に・・・

おっちゃん「ね~コーヒー飲んでいこうぜ~」

そんな時間ねーよ!!w おっちゃんの話聞いてたら時間なくなったよwww

うち「もう他の街に行かなくちゃならんのだ」「時間ないない!」

おっちゃん「コーヒー飲む時間あるだろ~飲もうよ~」しつこいwwww

「車が待ってるから!」と無理矢理去ろうとすると
「どこなんだその車は!」と 一緒についてくるwww

んで運転手にまで「ね~コーヒー一緒に飲みたいんだよね~」としつこいw
おっちゃんは運転手に 時間ねーんだよ!もう行くよ!とバシっと断られる

おっちゃんは名残惜しそうにうちらに握手してきて バイバーイ!

さて次の町へ出発!


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

イタリア旅行記 2日目パレルモ観光

ホテルで朝食の後 パレルモ市内を散策 ホテルがパレルモ中心地の一番北側に位置していたので
北から南に向かって順番に歩いて周ることにした

まず 「マッシモ劇場」客席数3200ヨーロッパ屈指の規模を誇る新古典様式の劇場1897年開幕
開幕当時はヨーロッパではパリのオペラ座の次に大きな劇場だったとか
マッシモ劇場前

この正面の階段で
映画「ゴッドファーザー3」のクライマックス マイケル・コルレオーネの娘メアリーが撃たれるシーンが撮られた

今日は劇場で公演がない日だったので 内部のガイド付見学ツアーが行われていたので観てきた
マッシモ劇場

あんまり豪華でステキだったので劇場内部をパシャリ!(フラッシュ不使用)
この写真じゃ豪華さがあんまり伝わらないけど実際に観たらほんとにすごく感動する美しさ
実は撮影禁止だったらしく この写真を撮った後 怒られたw
しかし外人のおっちゃんおばちゃんたちはその後何度も撮影して(フラッシュ付)その度に叱られてたw
それから サヴォイア家の為に造られたという 豪華なロイヤルボックスにも行った
すごかったわあ~~ロイヤルボックスから観た劇場の様子!
舞台も他の客席もみんな自分達の為にある!みたいなスバラシイ眺め あんな席で観てみたい

その後はシチリア州立考古学博物館を見学してから近くのレストランで昼ごはん
サンドメニコ教会の近くの「Antica Trattoria da Toto」アンティカ・トラットリア・ダ・トト(via Coltellieri5)
店の近くまで来たとこで「トトだよ~トトはここだよ~!」と声をかけられる
小さくて庶民的なお店で気軽に入れる食堂って感じ
飲み物とパスタとメインを選んだら 厨房からおばちゃんが出てきて おいでおいでされる
厨房に入ると前菜が入ったバットが並んでて どれでも好きなだけ皿に盛っていけとのこと
前菜食べ過ぎると他のもの入らなくなりそうなので うちはこれだけ
トト前菜

すみません既に食べてる途中www空いてるスペースには青菜の茹でたのがあったのさ
アーティチョークの酢漬け 初めて食べたけど美味しかった さっぱり
おばちゃんの「もっと盛って盛って!」という声を無視し うちは皿持って席に戻る
先輩はおばちゃんに捕まってしまい 有無を言わさず わっさわっさ盛られてたww
トトのパスタ

左のは うちが食べた海老のパスタ 右のは先輩の食べたボンゴレビアンコ
海老のパスタ 海老が普通じゃないくらいたくさん入ってて新鮮で茹で過ぎないホコホコした甘さでうまい
最初は美味しかったんだけど 海老もパスタも量が多すぎてお腹いっぱい!途中から味が濃く感じて飽きた><
ボンゴレのあさりも山ほど入ってて あさりの殻入れの皿に殻が山盛りになってたw

トト ミックスグリル

それなのに その後 この魚のミックスグリル これで一人前wwイカ甘くて美味しいケドさ・・・食べきれん
よく見えないけどこれイカが2種類で2ハイも入っててイワシも6~7尾いた

シチリアはレモンがそこら中に生っててたくさん採れるからどの店も贅沢にでっかく切ってつけてくる
別の店では一皿にレモン半分に切って2個ついてきた(レモン一個分)

昼ごはんの後は 今度はヴィットーリオエマヌエーレ大通りを西に向かってクワットロカンティ(四つ辻)へ
クワットロカンティ

さっきのマッシモ劇場もこの建物も すごく黒くて汚い 道路狭くて交通量多くて排ガスすごいから
こうやって1日歩いていたら廃ガスでどんどん具合が悪くなっていく
あともう一箇所・・・・
悪い空気の中 我慢して観光する・・・パレルモ一番の見所「パラティーナ礼拝堂」見るまでは・・・
ガイドブックで2年前から工事中と書いてあって観れないかもと思いつつ行ったケド閉まってて観れなかった

もう降参 ホテルに帰りたい>< 空気悪すぎ;;

ホテルへ帰る途中 突然雨が降ってきて 近くの建物の軒先で雨宿りしながら移動を繰り返す
そこらじゅうあちこちで雨宿りしてる人だらけ
折りたたみ傘をたくさんもった怪しい男たちが大勢通りのあちこちを歩いてきて「アンブレラ~?」と聞きまわる
別の道行っても かならず前から後ろからアンブレラ売りの男たちがやってくる どっから沸いてくんだろ?
同じ男が何度も通りすぎて聞いてくる さっき買わないって言ったじゃん!しつこい!ww

やっと雨も止んでホテルについて 一休みしたら喉が乾いたので 外に水を買いに・・・
でもホテルの近くに食料品店がない・・・・
あ!屋台の売店をみっけ! ジェラートも売ってたので食べることに
隣に立ってた先客のおっちゃんがうちらに「ビール飲まね~か~?」
おごってくれる気らしいが 酒飲める気分じゃないから断ってジェラートを食う
リモーネ!あ~すっぱくてさっぱりする~!!と食っていてふと気づく
ジェラートにつぶつぶが入ってる
なぜレモンにつぶつぶが必要なのだ
よ~~~く見ると ジェラートの中に凍った虫がwwwww
うわ~~~しまった~~~!!!外の屋台のジェラートなんて買うんじゃなかったー><

イタリアでも寄生虫の心配をしないといけないとは


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

イタリア旅行記 2日目パレルモ ホテル編「ミスターおれんぢ」

今回パレルモで泊まったホテルは「エクセルシオールパレス」★★★★
ポリテアーマ劇場のある新市街地区よりちょっと北へ歩いたところにある
パレルモでは本当はもっと評判の良い泊まりたかったホテルがあったのだけど
今回申し込んだ旅行会社のホテルリストになかったので その中でも評判の良い方だったココにした
しかし
「朝食ブッフェ まあまあ」
そして「風呂設備」
お湯が出ない 出しても出してもぬるい水 ぬるま湯ではない ぬるま水
そしてアメニティ 風呂用ジェル(ボディジェル代わり)しかない シャンプーがない
これで4つ星でござります

そしてチェックインの時もらったカードキーで部屋の鍵が開かない
荷物持って来てくれたベルボーイが持ってたカードキーで開けてもらう
ベルボーイはうちらのカードキー使えないのに新しいのと取り替える手配してくれない気遣いの無さ
しょうがないので自分で朝フロントに行って「この鍵壊れてて使えないよ」と言ったら
なにやら機械でチェックして「壊れてないよ」といいつつ違う新しいカードキーをくれる
うちらが昨日もらったカードキーは真っ白で表も裏もわからないなにも書いてないカード
今くれたカードキーはちゃんとデザインされてて どっちの方向に入れるか→マークやバーコードついてる
をい!渡すカード間違えたんじゃないのか?ええ?どうなんだ?
「壊れてないよ」じゃない!!!ヽ(`Д´)ノ先にアヤマレ!

そして昨日は気づかなかった 昨日もらったカードキーを入れる部屋番号と名前書いた紙の袋
ミスターおれんぢ

だ か ら!!ミスターじゃなーーーーい!!!

女装してるように見えるんですかーーーっ!!!?

チェックインの時パスポート出したでしょ!女って書いてたでしょ!
どこ見てンのよ~~~~~~~~!!!!!



昨日のタクシー会社も うちのことミスターって書いてたみたいだけど
うちの名前は 北欧の国フィンランドでは絶対 男の名前なのよね
聖書の中にでてくる有名な男の天使の名前から来ているので この名前で女はありえないらしい
同じキリスト教の国イタリアですから まあ書類上は男だと思ってしまってもしょうがないでしょう
でも貴方!チェックインの時顔見て声聞いてパスポート見て それでなんでミスターって書きますか
ヽ(`Д´)ノプンプン




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

イタリア旅行記 1日目パレルモ到着の夜

初めてのシチリア

今回 春のシチリアに来ようと思ったのは 昔イタリア鉄道旅行中 ローマからフィレンツェへの車内
指定席と知らず 空いてる席に座っていたら 途中の駅からイタリアの女子高生グループが乗ってきて
「あれ?そこは私たちの席じゃない?」と言われ 慌てて席を立とうとしたんだけど
当時の彼女達にはわたしたち東洋人が珍しかったらしく
「まーいいからいいから!そのまま座ってて!」と言われ女子高生達に取り囲まれて質問攻めにあった時のこと
「どこから来たの?」リーダーらしきショートカットの少女の瞳はキラキラとキレイで美しかった
彼女達はシチリアの女子高生ソフトボールチームで 明日ボローニャで大会の為移動中だったのだ
「シチリアはどんなとこ?」と聞くと「春は花が咲いてとってもきれいだよ」
そんなことで 一度春に行ってみたかったのだ
あとは大好きな映画「ニューシネマパラダイス」の舞台の島の風景を観てみたかった

そんなことで日本からシチリアのパレルモへ夜21:00過ぎに到着~

今回は航空券とホテルとユーロスターの予約のみ日本の旅行会社に頼んで自由旅行にしたのだけど
到着して一つ目の心配は荷物のこと ちゃんと受け取れるのかどうか
出発前にネットで調べた現地旅行会社の方の情報で
「パレルモに国際便で日本から到着すると荷物は他の人と違う国際便の所に出てきますので注意してください」
でも今回手配を頼んだ旅行会社からは普通に荷物が出てくると案内があったので
出発前に「パレルモに日本から到着すると荷物は普通と違うところから出てくると聞いた」と真偽を問うと
そんな話は聞いたことがない!ちゃんと到着便の荷物受け取り台に出てきます!」との返答
その旅行会社 どことは言わないが「イタリア旅行のスペシャリスト」とHPで自称している
うちは全く信用していなかったのだが どういう反応を示すか試しに聞いてみたのだ

到着すると やっぱり乗ってきた便の荷物台からは出て来ない
そんなことだろうと思って 別の台を探したが それらしき台が見当たらない・・・
おかしいなー と思っていると 
空港係員の兄ちゃんが「どこからきたの?」
うち「トーキョー」
兄ちゃん「じゃあねー荷物はこっちじゃないよーあっちの国際便の荷物台だよ~」と指を指す
そこは壁じゃないの???と 突き当たりの壁と思っていたら よくみると自動ドアがある
あれ?あっちにも行けるの?進んで見ると自動ドアが開く そしたらまた荷物台のある大きな部屋がw
なんでwwwなんでわざわざ仕切って違う部屋にすんのwwwわかんないじゃんww さすがイタリア
ホ~~レやっぱり違う台に出てきたじゃん!
アテにならないのだイタリア旅行のスペシャリスト!!!!

日本からイタリア国内で乗り継いでその日のうちにパレルモへ到着するみなさま
荷物は乗ってきた国内便の荷物台じゃなくて別室の国際便荷物台から出ますYOご注意を!!


そんなこんなで荷物を受け取り・・・・・
その後がコワイwwww
あれ?このまま持って出ていいの?
荷物は誰の荷物を持って帰ろうが誰もチェックしないのだ 持って出て行き放題 さすがイタリア
到着が夜中なので前もって現地旅行会社に頼んでおいた送迎タクシーが迎えに来てるはず・・・
荷物台の部屋から到着ゲートを出ると 目の前にものすごいお迎え?の人人人!そして狭い!
ライブの終わった会場から出てきた感じ
荷物を持ったまま人ごみをかきわけないと進めない!!
コワイ!この密着度合い!バッグは大丈夫か?w
これじゃ誰がお迎えの人だかわかんないよ~~><
とりあえず ちょっとでも空いてるコーナーへ・・・と思っていたら

ミスターおれんぢ?」と恰幅のいいおやぢが声をかけてくる
あ~いやいや ミスターじゃないけどね 「そうそう わたし おれんぢ」
おやぢ「お~いたいた!こっちだよこっち!この人だよ運転手!よろしくね」と言って去る まだ別の客がいるらしい
運転手のおっちゃんがうちのスーツケースを持ってってくれたので後ろについていく
空港のドアから出たら いきなり暗闇の普通の外!!!w 前に普通に道路!w
ココほんとに空港????
コワイ暗くてコワイ おっちゃんも ほんとに運転手?ちょっと疑ってみたりする
どんどんもっと暗いくらーい方に向かっていく
ふと気づくと後ろからついてくる先輩のすぐ横に
ものすごく怪しい男が並んでついてくる
絶対にものすごく怪しい うちは チラチラとそっちを気にしつつ おっちゃんについていく
運転手のおっちゃんと そのあやしい男がグルで 暗がりの人いないところで身包み剥がされたりしないかと
頭の中を色んな妄想が・・・・
前の駐車場に おっちゃんのタクシーらしい車が見えて 入り口に他の運転手おやぢが3人おしゃべりしていた
振り向くと さっきの怪しい男はどこかへ消えていた
ふ~安心・・・

タクシーに乗ってから 先輩に「荷物は大丈夫ですか?財布とかちゃんとありますか?」
先輩「なんで?」
空港出てからずうっと横についてきていた怪しい男に 先輩は全く気づいていなかったらしい

飛行機内でほとんど眠れなかったので ホテルに着いて翌日の準備をしたら速攻寝た








テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

シチリア~

突然ですが 家を出てからほぼ丸一日かけてイタリアにやって来ましたっ

成田からローマで乗り継ぎシチリアのパレルモに到着~
疲れました とりあえず今日はもう寝ます…
ああ日本は今からみんな起きる時間かあ

旅行中 写真が載せられないようなので 帰ってから日記書きます
私の無事を誰か祈ってw

九州旅行 由布院(おやど二本の葦束 温泉編)

よ~し次は肝心のお湯 温泉のことだよ!
客室専用風呂のほかにも温泉がたくさんあるけど うちが気に入ったの2つだけ紹介
二本の葦束貸切風呂

これは24時間入れる貸切風呂!壱番風呂から五番風呂まで5種類の風呂が並んでいる建物
入る時にドアに鍵がかかってなかったら空いてるので使ってOK!入ったら自分で中から鍵をかけるのだ
全部の風呂にはちゃんと室内の脱衣所があるよ

二本の葦束温泉タマゴ

これは貸切風呂の前にある左が温泉タマゴ 右のは缶ジュース 勝手に飲んだり食べたりしていいのだ
うちは夜と朝で温泉タマゴ2個食べた~

二本の葦束壱番風呂

これはうちが気に入った壱番風呂
晩飯前に先輩と1回 夜中に一人で1回 早朝にも一人で合計3回も入った
お湯の向こうの壁は空いていて外の空気が入ってくるから 露天風呂みたいに涼しく入れるよ
24時間入れるのに キレイに清掃してあって 山の中なのに虫が入ってきてなかったなー

大露天風呂階段

貸切風呂の前の坂 この階段上っていくと壱番上に大露天風呂があるのだ
これも階段の途中にある看板を自分でひっくり返していくと「入浴中」って出て貸切ってわかるから
誰も入ってこない

大露天風呂 まだまだ上る

下にさっきの貸切風呂が見えるね その向こうは食事する建物 まだまだ上るよ~

大露天風呂脱衣所

大露天風呂の脱衣所 
入ってすぐに脱衣所カゴとかあって外出る前に洗面台とかあるもうひと部屋あって広い

二本の葦束 大露天風呂

大露天風呂~~! 一人で貸切~(*゚ー゚)るんるん

山の中だから周りで鳥が鳴いてたよ ホ~~ホケキョ~♪
そして桜がたくさん散っててお湯に浮いてるの!
椿油みたいに桜の花からも油がでてお湯に浮かんでると桜の油が肌に良いんだって!
由布院のお湯はぬるんとしていて肌がしっとりする すごく肌に良さそうだよ!

そうそう ホーホケキョ~♪といえば 最初の日に泊まった 黒川温泉の宿「山河」の大露天風呂は
お風呂のすぐ脇に生えてる木に3羽くらいホトトギスが泊まっててホーホケキョ♪の大合唱だったよ
山に登った時に何度か聞いたけど結構離れた木の上で鳴いてるのしか聞いたことなかったから
こんなすぐ頭の上でどこにも飛んでいかずに ずっと3羽で大合唱してくれたのはすごくうれしかったよ

さて今回はこうして 黒川温泉ー由布院と泊まったわけですが
ほのぼのした仲居さんのサービスと美味しい料理なら 黒川温泉の いこい旅館
他の客に煩わされずに仲間(カップル)で静かに良い部屋と貸切露天風呂をのんびり楽しみたいなら
おやど二本の葦束
がオススメかな~
おやど二本の葦束はお風呂の数が客室数より多いから いつ行っても絶対どれかは空いてるんだよね
だから一人でも二人でも の~んびりきままに温泉に入れるのがいいね
おやど二本の葦束は 翌朝帰るとき
「行ってらっしゃいませ~~~~~~~~!!」と両腕を上にあげてぶんぶん振りながら
車が見えなくなるまで見送ってくれた姿がすごくかわいかったw
あんな姿みたら また来たいな~って思うよ


テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

九州旅行 3日目由布院 (おやど二本の葦束 食事編)

そして食事 まず晩御飯
晩御飯の前に地下室みたいなところに連れていかれる
すると ずら~~~~と棚にいろんな種類の果実酒が並んでる!
この中からそれぞれ好きなのをひとつ選んでから食事処に向かいます
二本の葦束酒

うちが選んだのはこれ~山桃だったかな?
他の旅館は食前酒といえばみんな梅酒がついてきた 梅酒好きだから それで良いんだけど
たまにはこういうのもいいよね
二本の葦束晩御飯

そしてご飯はこんな感じ
写真だと大きさがわかりづらいけど この上のどんぶりみたいな器すごくでっかい!
なので中に入ってるゴボウとか人参とかタケノコとかもすんごいでっかいの!
先輩は野菜が大きくて美味しい美味しいと喜んでました
うちはスミマセン岡山の奥津荘の野菜 山菜の方が美味しかったので 普通でした^^;
むしろ「ゴボウがでかすぎる!」と一人で怒ってましたw
大きめ野菜の煮物食べただけでお腹がいっぱいになってしまうじゃないかw
上品な感じの宿だったので野菜も上品な大きさで上等なものをちょっとずつ食べられた方がいいのになあ
奥津荘の野菜はほんとに甘くてやわらかくてすごく美味しかったよ

二本の葦束朝食

そして朝食はこんな感じ

二本の葦束のご飯は晩御飯も朝ご飯も「九州の郷土料理」が出るという風ではなくて
あくまでも地元の八百屋さんから買った「野菜」を使った「野菜たくさんの田舎料理」が売りのようです
地元九州の都市部に住んでて普段野菜不足の人が来て喜べる感じじゃないのかなー
遠くからやってきて地元の名産を食べたい観光客には向かない食事の内容に思えた

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

九州旅行3日目 湯布院(おやど二本の葦束 客室編)

3日目の宿は 湯布院の 
「おやど二本の葦束」
ここは客室は全て離れになっていて全部で10戸しかないのだ
今回の旅行はANAの九州日和というパッケージだったので
この10戸のうちどの離れになるのかわからなかったんだけど
到着してびっくり!なんとタブン一番大きな離れだったのだー(旅館のHP見るとわかるよ)
今回の部屋の名前は「我不歳月」専用風呂付の離れ
フロントで受付したあと離れに案内される
二本の葦束

あの上にあるのが その離れ~
二本の葦束階段

この階段を上っていきますー階段の先に見えるのは別の離れ その手前で右に曲がって更に上ります
二本の葦束あっぷ

じゃ~ん!到着~藁葺き屋根の結構大きな離れ 築200年の欅の家 盛岡の邸宅だったんだって
二本の葦束入り口

入り口
二本の葦束専用露天風呂

入り口前には小さい専用の庭 庭の中に専用風呂がついてます

離れの中も広くて5部屋もあった!3人で泊まるには広すぎる~~~
凄かったんだけど 見たい方は旅館のHPの方で見れるので見てみて~いいわよ~

温泉の様子はまた明日

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

九州旅行 2日目 黒川温泉

さて2日目の黒川温泉の宿は ちょうど旅行に来る数日前にTV「もしもツアーズ」で放送されたのだ

美人湯が売りで日本一深い温泉「立ち湯」があるということで
キャイーンと関根つとむ、小島よしおなんかが並んで入ってぐるぐるまわってたら天野っちがおぼれそうになってたw

偶然だけど前の日に馬刺し食べに行った「菅乃屋」にも もしツアメンが行ったらしくてサインが貼ってあったな

そんな今日の宿は 「いこい旅館」

美人湯というだけあって 女の子ウケしそうなサービスのある旅館でした

まず料理
お品書き

ちゃんとお品書きがあるのは嬉しい ちょっと聞いてもアレ?これなんだっけ?ってなるよね

いこい飯

馬刺しもあるど~~~~(´ρ`)
いこい肉

豊後牛~
だご汁

上のはみんなで好きなだけ食べて良い田舎料理 
なすの煮びたしとかぼちゃが美味しくておかわりお願いしました
下のは名物の だご汁(だんご汁)美味しかったよ~ おかわりしましたww
地元産のお米を炊いたご飯も美味しくて おかわりしてしまいましたwww
どんだけ食うんだおれww
ということでご飯持って来てくれた仲居さんが「大丈夫ですか?ほんとに?少しでいいですか?」
と何度も念押しされる
うち「いいえ、少しじゃなくて 普通盛りで むしろ多めでお願いします!」

「お客様 お腹は大丈夫ですか?いや、おかわりは別にこちらは大丈夫なんですよー ただお客様の身体が・・」
「食事のことで お客様の身体を心配したのは初めてです」
すると先輩が
「いえ!この人は大丈夫なんです 食べられます!」

そんなことでお部屋に戻ると
いこい布団

布団がかわいい 色合いが気持ちよい
そんで浴衣が一人2着ずつあった!夜着て寝たら朝にはぐしゃぐしゃになってて気持悪いのよね
2着あると朝着替えてさっぱりして朝風呂もいけるし朝ごはんにもいけてうれしい

んで更に晩御飯から1~2時間経った頃 夜食が部屋に運ばれるサービスが
ぜんざい

おしるこ~~~~(´ρ`)  うちがトイレ行ってる間に先輩2人の分はキャンセルされてて うちの分だけw
「え~~!?なんでキャンセルするんですかー食べないなら うちが3人分食べるのにー!」と文句を言う

旅館の入り口の前のところには 温泉タマゴが用意してあって 勝手に食べて良かったんだけど
食べてくるの忘れちゃった^^;

翌朝 前の日に車の鍵を預けておいたら 
旅館の人がチェックアウトの時間を見計らい車を駐車場から旅館前まで動かしてきてくれていた

ここの仲居さんは おじさんで 昔の水戸黄門の風車の弥七を優しくした感じの すごく感じの良い方で
帰りに荷物運んでくれたお兄さんも のび太くんみたいなほのぼのとした笑顔の優しいお兄さん

とっても気持ちよく滞在できて良い温泉でした また黒川温泉に来ることがあったらココに泊まりたいな

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

九州旅行 1日目熊本→黒川温泉 2日目も黒川温泉

熊本城観光のあとは 今回の最大の目的 黒川温泉へ~
菜の花

途中 道路わきに菜の花がいっぱい咲いててキレイでした

ところが今回空港からレンタルした車についてたナビが!!
ちょー古くて性能悪い!!
今時こんな性能悪いのにあたってびっくりした!
情報古いし しかも道路案内間違えてる!w
なかなか目的の旅館にたどり着かなくて運転手イライラするw

そんなこんなで一泊目の黒川温泉の旅館「山河」に到着
地元の山菜や野菜がたくさんの田舎料理風だったんだけど
先輩達は「野菜が美味しい美味しい」って言ってたのに
つい前の週に岡山でもっと美味しい山菜を食べてきたうちには それほど美味しく感じられなくて残念
そんで温泉に入り ぐっすり寝ました
とても清掃が行き届いていて 床を毎日きっとキレイに磨いているんだろうなあ
木の床がぴっかぴかに黒光りしてました

そして2日目 昨日の山河は黒川温泉のはずれの山奥にあった旅館だったので
今日はほんとの黒川温泉中心地に向かいます

しかし・・・・
黒川温泉って 初めて行く人には すごくわかりづらいねー
ガイドブックや空港でもらった地図とか見ても よくわからなかったんだけど
他の温泉地みたいにある地域にひろ~く宿が分布してるんじゃなくて
主な温泉旅館やお店は 崖みたいな坂になってるところの上から下の狭い場所に固まってあって
そこは車じゃ入れないのね
迷ったうちらは黒川温泉の地域の近くにあった町役場に寄って教えてもらってやっとたどり着いたのだけど

坂の上のほうに黒川温泉の案内所兼土産物屋さんみたいなところがあるから
とりあえずそこに行ってとのこと
黒川温泉に泊まる人はここに車を駐車して 歩いて目的の旅館に行くらしいのだ
そんなことガイドブックに書いてなかったよ~~~><

そこから歩いて今日の宿へ向かうまでの道に色んなお店があったので覗きながら歩く
そして一軒の酒屋を発見 中に入ると こんな貼り紙が・・・・
試飲

運転手に酒はダメだって言うのはいいんだけど
同乗者には「積極的に」試飲しろってwwww
なにこの拷問www
うちはこのフレーズがツボにはまり 店内でひとり大笑い 店出てからもしばらく笑いが止まらなかった


テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

九州旅行記 1日目熊本

さてもう先月のことですが 九州に3泊4日の旅行に行ってきたんです

まずは初日 羽田から飛行機で熊本空港へ
到着したらもうお昼だったので 観光の前にまずは昼食

ということで熊本といえば馬刺し 午後は熊本城観光の予定だったので ちょうど熊本城のすぐ近くにあったお店
菅乃屋 上通店 に行ってきました
ここは馬肉販売会社の直営店ということで 新鮮な馬肉を食べさせてくれるらしいのだ

初めての馬刺し・・・・・ドドーン!!!
馬刺し

(゚Д゚)ウモアー
馬刺し ちょーうまいwwww これは馬刺しフルコースみたいなやつ色んな部位の盛り合わせ
特選霜降りとか色々入っていたけど うちは一番左手前の真っ赤な脂肪少ない肉が一番美味しかった!

そして馬肉のハリハリ鍋 ドドーン!!
ハリハリ鍋

これも (゚Д゚)ウモアー すんごい旨い

うちはもうすっかり馬肉の虜です(´ρ`)

こんなの食ったらもう東京の店の馬肉なんて食えません><

馬肉といえば桜肉? ということで店内のあちこちが桜チックになってました
たとえば出されるお茶の器がこんな感じ
お茶

そしてトイレの洗面台
洗面台


お腹が満足したあとは 熊本城を観に
熊本城

お城の中は 加藤清正公 加藤清正公って ものすごく加藤ワールドでした

そしてなんか今年は築城400年祭りとかで色々イベントもやってるようです
熊本城門の前

門の前には門番

お城の庭

お城の敷地内のおじさん ボランティアなんだって!大変だね

時代劇

んで庭で時代劇も始まったんだけど ちょうどお城の上にいたときだったから上からパシャ

熊本城くん

あとは熊本城のキャラクター「ひごまる」くんがいたよ
でもうちらは名前シラナカッタので 勝手に「熊本城くん」って呼んでた

なんか下の顔見たらかわいいんだけど上のも顔?と思ったらなんかかわいいのかコワイのかわからないw



そんなことで 旅行から帰ってからの うちと母親の会話
 
うち  「馬刺し美味しかったのようぉおうう~~!」 
母親 「きもっ」
うち  「なんでーーー?気持悪くないよ~~!美味しかったんだから~!」
母親 「おじさんが青森の○○に行って馬刺し食べてきて 帰ってきたら 
     こ~~んなでっかい!寄生虫が出てきたんだって言ってたよ・・・・・」
うち 「・・・・・・・・」


また寄生虫ですか・・・・そうですか


テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

GOD DOCTOR

行ってきましたあ~~~!!(*゚ー゚) 観てきましたよ仁さんを!!

演劇大宮エリー 第一回公演「GOD DOCTOR」

GOD出演者

今日は初日です チケットは完売で当日券も売ってませんでした

今回はe+で取ったチケットだったんだけど e+にしては初めて結構良い席でした
なんと真正面の前から3列目だったのだあ(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
GOD舞台

舞台はこんな感じ・・・カメラ禁止だったから買ってきたパンフレットに載ってたやつ

演劇見るには正面で近くて見やすかったんだけど でも今回はもっと良い席が・・・・うらやましす

今回のは結構 観客参加型みたいな感じで 途中ライブみたいに歌いながら役者さんが舞台から降りてくる
舞台すぐ横側の席の人のところまでやってきてマイク向けて歌わせたり 話かけてきたり
GOD進路

こんな感じ~ 青のところにいた人がうらやましい~~~~><

そんで患者さん役の板尾さんが舞台から去るとき何度も客席の間を上っていったり
逆に出てくるときに客席の後ろや横からやってきたりと 客席の間を何度も歩くので
すぐ近くで見ることができました

ん~~できれば板尾さんじゃなくて仁さんに通って欲しかった(´∀`*)


さてお芝居の方の感想

今回のは2月のからっぽの湖とは違って ものすごく「片桐 仁」が前面に出ていて
セリフも多いし 仁さんらしい動きもたくさん見れたし
ボールペンはポケットからなかなか出てこないし(謎
セリフの中に まーくん(仁さん)の好きなこと を話す場面があって
そこでガンダムの話になりwwww
仁さんがガンダムのTV主題歌 オープニングとエンディング両方を歌う場面があったり
ものすごく片桐 仁!全開!!!って感じで すんごく良かったああああああああ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

前回のからっぽの湖で中途半端な仁さんしか観られなくて不完全燃焼だった気持が
今回はもう大大大満足でした!!!!!

石田ひかりちゃんのぶりぶりな演技もすごくかわいらしくて良かったし
ああ 良かった良かったほんとに仁さんが良かった!!!
セリフ噛んじゃっても全然問題なし!
ストーリーも結構良かったよ 笑える場面もすごく多くて 久々に何度もわはわは笑ってしまいました

うちは他の役者さんが喋ってるときも 時々仁さんの様子が気になって仁さんばっかり見てましたw
あああ~~いいなあ やっぱり仁さんはイイ!

また次の舞台も楽しみです!


あっそうだ 劇場内で売ってたパンフレット
仁さんパンフ

この中でも仁さんワールドが展開されています 買うべしべし!

あああ もうひとつ忘れてた!><
今回のお芝居は 幕間に客席内と廊下のトイレ前の2ケ所でCM寸劇をやっていたんです!
うちはトイレにいく予定なかったので そのまま幕間の休憩時間にも 面白い寸劇観られて楽しかった
今日の客席内寸劇は
チョコレートプラネットさんが「サントリーの黒烏龍茶」と「ロッテのガーナチョコレート」のCM寸劇でした
これが結構面白くて 笑いましたw

ほんと今回のGOD DOCTOR 色んな面ですごく楽しくて良かったよ~~~

テーマ:ラーメンズ - ジャンル:お笑い

俺に言わせりゃ

いつも気になってしょうがないセリフがある

今日も 電車で近くの席に座っていた おやぢが2人でナニやら話をしているのが聞えた

一人はほとんど聞き役で 相づちをうつばかり
もう一人のおやぢが ほとんど一人でずうっと喋っているのだが
話の途中で

「俺に言わせりゃ」

そしてまた延々と話続ける

うちはこの 「 俺に言わせりゃ 」 がすごく気になるwww

だって おやぢはずっと最初から自分の意見を述べているのであって
「俺に言わせりゃ」の後から急に自分の意見を言い出したわけでもない
さっきからずっとオマエは言ってるだろうとwwww
しかもなんで自分で自分にわざわざ言わせないとならんのだ
いちいちそんなこと言わんでも おまえの意見だってわかるわいwww
誰も「言わせよう」としてないのに勝手に「言ってる」でしょーが

と このセリフを聞く度に 突込みをいれたくなる

ほんとよくこのセリフ あちこちで耳にするんだけど
若い人は言ってるの聞いたことないのよね いつもこれ使ってるのは おやぢ

なんだろうこのおかしな言い方は
世のおやぢどもは いつからこのセリフをなんで使うようになったんだろう 不思議だ

俺は言いたい→だけど誰も聞いてくれない→言わせてよ!→しょうがないから自分で自分に聞いてみたつもり
→俺に言わせりゃ
てことなのかな? この主張は特に「聞いて欲しい」ところだっていうことなの?

ん~まわりくどいな~

日本語はまわりくどい!w



テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

パンダ

ものすごく個人的なひとりごと


うちは子供の時 TVで上野動物園にパンダがいることを知った
でもうちは北海道 わざわざパンダを見るために 東京までいこうとか考えたこともなかったし
本物のパンダ 見たいと思ったこともなかった
TVで見たし マンガの方がかわいいし
それに 目の前の犬や猫や鳥の方がかわいいし

大人になって 東京に住むようになり 上野動物園に行ってみた
パンダはガラスの壁の向こうでこっちに背中を向けて丸まって寝てて動かなかった
別になんとも思わなかったし また見に来ようとも思わなかった

隣の檻には レッサーパンダがいた
まあるい顔して うろうろうろうろ歩き回ってて すんごくかわいかった

うちはレッサーパンダの方が好きだ

あとはフクロウも好き

TVで中国の動物園でパンダの子供が何頭か生まれてよちよちしてる映像を観た
かわいいと思ったけど 中国まで観にいこうとも思わなかった

それよりシロクマのクヌートを見にヨーロッパに行きたいと思った


昔は動物園にいる動物の種類も少なくて パンダが珍しかったんだろうけど
今は他にかわいい動物はいっぱいいるのに
なんで 上野動物園にパンダが必要なのかがわからない

北海道の旭山動物園はパンダなんていないけど人気だよ?



テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

イエローカンパニー

一昨日 恵比寿にある スープカレー屋に行きました

「イエローカンパニー」

知らなくて行ったら 札幌のお店oh! rambooの姉妹店だって

初めて行ったので無難にチキンを注文 トッピングにキャベツを加えてみました
イエロー

最初ちょっとスープだけ飲んでみて それから大きめ野菜を食べてた時は うーん・・・て思ってたんだけど
本格的にご飯とスープ食べ始めるうちに だんだん美味しく感じてきた

うちはスープカレーなら
やっぱりスープカレーブームの先駆け「マジックスパイス」の カレーなのにカレーの味がしないスープカレー
が好きなんだけど
イエローカンパニーのスープカレーは それより色も味も濃くてカレーの風味がする
でもそれもまた美味しいね

スープカレーもスープじゃない普通のどろどろしたカレーもドライカレーでもどれでも
美味しいカレーなら好きだ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

おやぢって・・・・・

最近心身ともに疲れがどっと出てきたらしく 自律神経の調子が悪くあちこち身体の具合が悪い今日この頃

ということで 最近やたら全身のあちこちのコリが激しいので 
足リフレクソロジーにでも行ってコリほぐしてもらってリラックスしようと
4/23五反田の東急だったところが新しく「Remy」になったんですが
そこに足リフレクソロジーのお店が入ったので 行ってみたんです

各施術室の仕切りは薄いカーテンだけなので 他のお客さんの声もよく聞えます
斜め向こうの部屋に どうやら おやぢ客がやってきました

店員  「お客様、どちらか悪いところはありますか?」

おやぢ 「いやあ~どこも悪くないんだけどねっ!あのね!ココ!頭が悪いんだよね~!」

店員  「・・・・・・」←声しか聞えないので タブン愛想笑いでもしていると思われますw

そんな会話から数分後・・・・おやぢの部屋から轟音がwwwww
おやぢは寝てしまったようで 猛獣のようないびきが店内に響き渡りますw

うちは自分の担当のスタッフさんと顔を見合わせて笑ってしまいました

いやあ おやぢは自由だねえ

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。