おれんぢ日記

食いしん坊OLの(食べ歩き、旅行、映画、観劇、登山、健康)くだらない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で最も恐ろしいタブー、解禁。

お友達のネコノさんのところに こんな記事がコピペしてあったので
うちはもう昨日からツボにハマって笑いが止まりません これはどうしたら良いでしょうか

・・・・・・・・・・・ 以下 記事のコピペ ・・・・・・・・・・・・・

206 名前:いつでもどこでも名無しさん[sage] 投稿日:2007/05/01(火) 11:02:30 ID:???0
どうでも良い事だけど、ちょっと聞いて下さいよ。
この前、友人と映画を見に行こうと思ったんです。
シリアナってジョージ・クルーニ主演の映画です。

シリアナは元CIA工作員の告発を元に作られた映画だそうで
面白そうだから、前々から気になっていたんです。
それで、友人に「ああ、ジョージ・クルーニのシリアナ見てぇ」って
言ったら、その友人真っ赤になって「俺帰る!」って言って帰ってしまいました。

それから暫くしてシリアナがDVD化されたので、先の友人に
「なぁ、俺の家で一緒にシリアナ見ない?」って言ったんです。
そしたら友人は、また赤くなって「お前とは、まだそういう段階になれない!」
って言って、わなわな小刻みに震えるんです。尋常じゃありませんでした。

それで思うんですけど、僕の友人はひょっとするとCIA工作員ではない
でしょうか?。気になって夜も寝れません。

・・・・・・・・・・・・・ ここまで ・・・・・・・・・・・・・・

オマケに 公式HPのトップコメントが

世界で最も恐ろしいタブー、解禁。


だめです もうこれはイケマセンwwww
ネコノさんのせいですwwww






スポンサーサイト

テーマ:本日のネタヽ(´∀`)ノワショーイ - ジャンル:ブログ

スペル

ここ2ケ月くらい諸事情により 映画館に映画を見に行くことを自粛していたんだけど
今週よりやっと解禁になったので 昨日映画を観てきた

「スペル」

ホラー映画を映画館に観にいくのは あんまり好きじゃないんだけど
これの前評判が「ホラーなのに 笑える!」ということだったので
どんだけ面白いのか気になって観て来たら・・・

いやいや なんてか 予想していなかった時に突然婆さんが現れたりして
思わずビクン!!!と身体が動いてしまう場面もあったけど
それほどホラーとしては怖くない

ばばあの攻撃の あまりのありえなさに 思わず笑ってしまう場面もあった 一箇所だけ・・・
だけど全体的に それほど大笑いする場面が多いわけでもない

それよりなによりグロいwwwwwwww

ホラーというより グロイというか 汚いというか・・・
なんでアメリカ人は こういうグロい映像が好きなんだろう^^;


予想していた終わり方とは違ったところは 少し面白さを感じたけど
全体的には どうかなあコレ・・・?

とにかく 食事の前に観ないで良かったよ・・・とだけ言っておこう


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

フィギュアスケート スケートアメリカ2009

スケートアメリカ2009の女子シングル SPで キムヨナが歴代最高点を更新したね

うちは今のフィギュアスケート選手の中で好きなのは
一番は なんといっても 織田信成くんだけど
他にも好きな選手はたくさんいて
ロシアのプルシェンコ
スイスのステファン・ランビエール
フィンランドのキーラ・コルピ
アメリカのキャロライン・ジャン
そしてもちろん日本の浅田真央ちゃん
中野友加里ちゃんも好き

だけど好きであることと 選手としてすごいなーと思うこととは別

今シーズンのキム・ヨナ選手はステキ
SPはボンドガールのイメージでの演技なんだけど
彼女が元々持ってる素晴しいスタイル 長い手足 締まってて女性らしく滑らかな美しい曲線の足
そして豊かな表現力 今年はそれに更にジャンプの安定感が加わって
すごく自信溢れる堂々と迫力のあるステキなものに仕上がっている
本当ボンドガールのクールでカッコイイ女の色気を見事に表現していると うちは思う
振り付けが良いのはもちろんだけど それをここまで堂々と表現できるのは彼女だからだと思う
観ていてすごく格好良い 彼女にとてもぴったりしている


日本代表として この冬のバンクーバーオリンピックは浅田真央ちゃんを応援したい気持ちはあるけど
これを観ていると バンクーバーオリンピックの金は彼女なのかもなあ~なんて思ってしまうよ

男子は うちは織田信成くんに金獲って欲しいけど
高橋大輔くんとプルシェンコがオリンピックまでにどこまで復活するか
男子はまだまだわからないねー

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

恐怖のカマキリ

北海道にはカマキリはいない
正確に言うと 道南には生息するらしいが 滅多に見られるものではないらしく
それより北には生息していないので
生まれも育ちも札幌のわたしは 今まで一度も生で カマキリを見たことがない

東京に越してからも一度も見たことはなかったので
きっと一生出会うことがないだろうと思っていた
むしろ カマキリの尻から飛び出すハリガネムシの映像を観て以来 カマキリが怖くなったので
できれば一生出会いたくないと思っていた

ところが・・・・・

一昨日 仕事帰りに近所のスーパーに買い物に寄ろうとエスカレーターを上っていたときのことだ
エスカレーターの一番上の段が床の中に入っていく最後の部分に ものすごい緑のものが見えた
そしてとうとう もうすぐ上り終わるというところまで近づいてよく見ると
その緑のものは カマキリだったのだ!!!
カマキリは エスカレーターの最後の段と それが床に吸い込まれていく部分の間で
床に上れもせず 間に引き込まれもせず つるんつるんに滑って身体を横に回転させながら
シャカシャカシャカシャカ!両足をぐるんぐるんに動かして大慌てで暴れているのだ

ヒィイイイイイイ!!!!!!

引き込まれて潰れてしまった図を見てしまったらどうしようとか
助けようとして襲いかかられても怖いしと 一瞬で想像したらもうコワイので
こっちまで大慌てでカマキリの上を大きくまたいで小走りに逃げた

なんとかあの慌てるカマキリの状況をみんなに見せたいと思ったが
どうにも うまく書けないので これで許してw
エスカレーターとカマキリ
だいたい こんな感じなのであるw

助けてあげられなくて申し訳なかったが
うちはもう 初対面が こんな衝撃的な出会いだったので
カマキリがますます怖くなった
夢に見てしまいそうだ・・・コワイ

恐怖のカマキリだ

エスカレーターに引き込まれそうになってたカマキリくんも恐怖だったとは思うが・・・

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

まねきねこ

そういえば先日 職場きた保険会社の人から こんなもの貰ったんだけどね

[高画質で再生]




こんな音のなるストラップ 携帯につけてたら
突然鳴っちゃいけないとこで 歌われちゃったりしても困るので つけたくない

どうにもこうにも 使いようのないものなので 部屋のどこかに絶賛放置中

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

みかんの季節

今年もみかんの季節がやってきた

子供の時は フルーツはあんまり好きじゃなくて
友達と甘味処やさんに入って みつ豆とか頼んだりするときなんかは
入ってるフルーツを全部友達にあげて 代わりに豆をたくさんもらって 寒天と豆だけ食べたりしてた

夏に大きなマスクメロンを半分に切って スプーンでガツガツ食べるのだけは好きだったけど
サラダとか料理の付け合せとかデザートで小さくちょっとついてくるようなフルーツは好きじゃない

いくら丸ごと食べてよくてもスイカは特に嫌いだった
とはいっても 基本的に好き嫌いはしない方針なので 嫌だなと思いながらなんでも食べたけど
でも必要以外に好んでは食べないので よく親にフルーツもっと食べなさい!って言われてた

ところが 前にも日記に書いたんだけど 2年前にある健康法を知ってから
うちはフルーツが好きになったので 家には毎日必ずフルーツがあって必ず食べる
でも食べる時間を決めてる

朝しか食べない
しかも 朝起きてすぐ 朝食より先に食べると決めている
朝起きて 水よりも先に口にするのがフルーツだ

秋から冬の間は みかんの季節なので 朝はフレッシュみかんジュースだ
2年前から毎年買っている和歌山のみかん農家さんの美味しいみかんをジューサーで絞るのだ
フレッシュみかんジュース
毎朝 みかん5個を絞って作る みかんジュース

今飲んでいるのは 10月のみかん 上野早生みかん という種類のみかん
さわやかな酸味が美味しいみかんだよ

一つづつ剥いて食べるより ジュースにする方が 一度にたくさん食べられるのだ
だから 一人暮らしなのに 大量にみかんを消費する
10キロ頼んだ10月のみかんも もうすぐなくなる
でももう少ししたら11月のみかん 興津早生みかん が届くからいいのだ
このみかんは上野早生みかんより甘くて美味しいみかんなのだ

こうして毎月毎月違う種類の柑橘類が2月まで楽しめる
大好きな季節だ

テーマ:果物・フルーツ - ジャンル:グルメ

藻岩山

北海道時代の友人が 昨日 「藻岩山」だなんて なんだか懐かしい言葉を使うもんだから
日記に書きたくなった

札幌市民なら誰でも知ってる山 藻岩山(もいわやま)

山の中腹くらいまで普通に住宅街があったりする山だけど その山頂は市民スキー場になってる
観光用のロープウエイが山頂まであって 観光道路もあるし 登山道もある

うちは3歳から高校卒業まで ずっと その藻岩山を望む 豊平川沿いの 中の島という町に住んでた
中の島という地下鉄の駅もあるが
中の島という町は豊平川に沿ってずう~っとながーい町だったので
駅が1丁目辺りだったかな?そんで うちは一番駅から遠い中の島のほんとに端っこに住んでたから
交通の便がとても悪かった おまけに古い公務員官舎でボロボロだった

だけど うちはあの場所が好きだった

一番最後の住所だから うちの前を通る人は うちに用事がある人か お向かいさんとか
ほんとに近所の知り合い数人しか うちの前は通らないので 人目を気にせず自由にできるからだ

天気の良い夏の日は 家の中にいても暑いので
よく うちの前の日陰になった部分に大きなゴザを敷いて ひとりで寝っころがったりしてた
ぼんやり空を眺めながら 変わりゆく雲の形に色んなことを想像したり
大空を くるくるまわって飛んでいく トンビの行方を目で追ったりしてた

そんな我が家は ほんとにおんぼろ官舎だったんだけど 眺めだけは良かった
我が家の豊平川側のベランダの向こうにはなにも高い建築物が立っていなかったので
豊平川の堤防の向こうに いつも藻岩山が見えた

頂上のスキー場の 上級者コース 「うさぎ平」がよく見えた 斜面のギャップもよく見えたし
その家に住んでいた頃のうちは 視力は2.0だったので
うさぎ平で滑っている人の人数を数えることができた

食卓テーブルは そのベランダの前にあって うちの席は 窓の正面だったので
朝や昼の食事の時は いつも視界に藻岩山があった

家で何もしないで ボーっとしてるときも そのベランダの向こうの 藻岩山をみてた

だから すごく小さな家だったけど いつも外を見てたから すごく広く感じてた
この広い風景は自分のもの みたいに思ってた そんなことを思い出した


東京に住んでもう7年
そういえば こっちに来てからは じっと空を眺めたりすることもなくなったし
一人暮らしのマンションの窓の向こうはすぐ裏のマンションの窓だし
なんか洞窟の中で暮らしているみたいに 風景はなにも見えない

もっとたくさん稼いで もっと良い立地のマンションのずうっと上の階に もし住んだとしても
その窓の外に見えるのは 近代的な建物の波と 薄紫色の空

2年くらい前に あの風景が懐かしくなって 帰省したときに 一人で行ってみたんだけど
うちが住んでた家と同じ官舎の一帯は全部壊されて 民間に売り払われて
そこらへん一帯がぎゅうぎゅうの戸建団地になってて 昔の面影は全くなかった

あの広い風景はどこにもなくて 天気の良い日に昼寝のできるあの道路はなかった
すごく寂しくなった

そして急に思い出した
そういえば 小学生の時に 家の庭に宝物を埋めたことを
そのとき大事にしてたものや 未来の自分への手紙や色んなものを缶に入れて埋めたことを
大人になったら 開けてみようと思ってたのに 高校を卒業した自分は そんなことスッカリ忘れてて
そのまま引越してしまった

大事にしてたペットのみどり亀のカメ太郎のお墓もあったんだった

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。