おれんぢ日記

食いしん坊OLの(食べ歩き、旅行、映画、観劇、登山、健康)くだらない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能と狂言

今日は 渋谷の 観世能楽堂 で行われた 能と狂言のイベント
梅若六郎 還暦祝賀能「至高の華」
に行ってきました
至高の華


何故かというと 野村萬斎さんの狂言もこのイベントで観れるから

萬斎さんの狂言は 昨年末頃 はじめて 水道橋の宝生能楽堂で観たのだけど
そのイベントは萬斎さんがメインのものではなかったので
今回初めて萬斎さんが狂言師として演じたのを観ました

「二人袴」という演目でした
萬斎さん演じるバカ息子のとぼけた顔やコミカルな動作 すごく良かった
楽しいお話で わはわは笑いながら観てました
観世能楽堂


でも その後の メインの能のほうは
詳しい方にはあちこち見どころがあるのだと思うのですが・・・
狂言と比べると「楽しいお話」ではないので どうにもわたしには退屈だったようで
最初はコワイ能面や豪華な衣装や能楽師のみなさんの動きを珍しく観ていたのですが
動きも少なく 能面を被っているため顔の表情も変わらないので
演目も仏教的なお話であったため地謡のみなさんの声がお経に聞えて・・・・・
ZZZZZZ・・・・・

Σヽ(゚Д゚; )ノ ハッ
と時々軽く寝てしまった

前で能を演じている方よりも うちは後ろで演奏している方々が気になって気になって
太鼓担当の方が「いよ~~~~ぅ!」ポン!!と太鼓を打ちながら出すかけ声が
結構色んなパターンがあり
時々「いやぁ~~~~お!!><」
とトムとジェリーのトムがしっぽを挟まれた時みたいな声に聞えてしょうがなかったり
笛 吹くのは結構大変なのか すごく必死に力いっぱい吹いているようで気になって
太鼓と笛の人ばっかり見てました

どうも わたしの興味は「面白いこと」にあるようで
今度は 狂言オンリーのものを観ることにしよう と思った



関連記事

テーマ:能楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://amanatsuorange.blog58.fc2.com/tb.php/224-c0b755b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。