おれんぢ日記

食いしん坊OLの(食べ歩き、旅行、映画、観劇、登山、健康)くだらない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコは何故親日か(トルコの人々に感謝!)

先日トルコへ旅行に行こうかとアレコレ調べていて 以前テレビでやっていた話題を思い出した
「トルコには親日家が多い」
何故だろう?そのときテレビでは何故なのかほんとうに簡単な街頭アンケートや表面的なことを言っていただけで
ほんとにそれだけなのか?納得する理由を言っていた覚えがなく
色々調べていたら その感動の歴史が!

簡単に言うと(簡単に書いても長いw)

明治時代 当時のオスマン帝国(トルコ)の海軍が 日本へ木造フリゲート艦エルトゥールル号を派遣した時のこと
イスタンブールを出発してから11ケ月もの長い月日をかけて やっと日本へ到着したエルトゥールル号は
既に船も人もボロボロだった
その時日本はちょうど台風の時期だったので 日本側は台風の時期が過ぎるまで留まるよう勧めたのに
オスマン帝国海軍は出航を強行し その結果 紀伊大島(串本)で座礁して爆発し沈没してしまう
命からがら海から崖を這い上がってきた乗組員69名を大島村(串本)の人々は総出で救出し献身的に世話をしたという
当時の大島村の人々はとても貧しく ちょうどそのとき台風が来ていたので
村では漁に出られず満足な食料はなかったのに
自分達の非常食として飼っていた鶏までトルコの乗組員達へ食べさせたりして助けたらしい
やがてこの遭難事件は明治天皇に伝わり国をあげて遭難者支援活動がおこなわれ
日本海軍の「金剛」「比叡」2隻によって生存者達はオスマン帝国の首都イスタンブールへ送り届けられる
このことは当時の日本、トルコ両国の新聞などで大きく報道され
村人の献身的な活動、日本国政府の尽力が伝えられたことから
トルコの人々は日本と日本人に対して好印象を抱いたらしい
その翌々年 このニュースに衝撃を受けたひとりの日本人「山田寅次郎」さんが
集めた義捐金を持ってイスタンブールへ渡り熱烈な歓迎を受ける
当時の皇帝の要請でそのままイスタンブールに留まることとなり
現地で日本学校を開き日本語や日本のことについて教えたという
その生徒のうちの一人に後のトルコ共和国初代大統領ムスタファ・ケマルもいたという
トルコでは小学校の教科書にこの事件のことが載っていて教わったらしい(今はもう載ってないらしい)

そんなことからトルコの人々に親日的な感情が抱かれるということらしいのです

トルコの人々は自分が人になにかしてあげても見返りは求めない
でも自分が何かしてもらった時には必ず恩返しをしなくてはと思うのであるという

そんなトルコの人々が日本にしてくれたこと・・・・これに感動したっ!


それは1985年イラン・イラク戦争の時

フセインが「今から48時間後にイランの上空を飛ぶ全ての飛行機を撃ち落す!」と言った

世界各国の政府は自国の救援機を出してイランに住む自国民を救出したのに
日本政府の対応は遅く どの飛行機も満員で乗れずテヘラン空港で215名の日本人はパニックになっていた

タイムリミットの1時間15分前!


そこにトルコ航空の飛行機が2機やってきて日本人全員を成田まで運んでくれたというのだ!
自分達も危険だというのに他国の国民を助けるためにきてくれたのだ!

そんなことが今の日本にできるのだろうか・・・・

感動したっ!感動して涙が出た!
今までこのことを知らなくてごめんなさい!
トルコのみなさんありがとう!!


詳しいことはいろんな方がいろんな記事や本やwikiやらに書かれて出ています

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

コメント

 それは有名な話だよねー。
 あと、その前後に勃発した露土戦争(あのナイチンゲールが活躍した)でトルコはロシアに惨敗しちゃったんだけど、その後に起こった日露戦争で日本がロシアに勝ったことで親日感情は今でもイスラム圏で一番高い国なんだってサ。
 フィンランドなど、ロシアの国境沿いの国でロシアと険悪な国はおおむね親日的です(笑)。

  • 2008/02/25(月) 07:33:59 |
  • URL |
  • ken #VWFaYlLU
  • [ 編集]

kenken>

コレ知ってる人は知ってるけど
ほとんどの日本人はコレ知らないのじゃないかと思うんだ
トルコ航空機が来てくれたことに関してもこれがトルコの好意であったことを
ニュースではほとんど触れていなかったり
そのあとワイドショーで大々的に報道されなかったから
スポーツの試合で中国人が日本にひどいブーイングをするっていうことは毎日のようにマスコミは書きたてるのにね
このことはほとんど報道されてこなかったけど
前に奇跡体験アンビリーバボーで取り上げられたらしいから
それを観た人は知っているかもね

うちは仕事帰り遅いからアンビリーバボーも観れなくて残念
観てたらもっと早く知ってたのになー
だからうちも つい最近たまたまトルコに興味を持って調べたからわかったんだよね
職場の周りの人たちにこの話してもみんな知らなかったしね

トルコも含め色んな嫌日じゃない国の事情はエルトゥールル号の事件とか
そういうことだけではなく、ロシアや中国やイギリスや他の国のことも絡んでいたり
それ以外にも色々な事情を含んでいたりはするんだけど

今回言いたかったことは
トルコの人々が昔受けた恩を今のトルコの人たちも知っていて
自分達の危険を承知で遠い国日本の人々のことを助けてくれたという
心温まる話に感動したから

日本は嫌われている!っていうニュースばっかりな世の中
こういう心温まる話もあるねって
わたしみたいに まだシラナカッタ人に知って欲しかっただけ

だからわざとエルトゥールル号遭難事件のことと
そのあとにトルコ航空の人たちがしてくれたこと
それだけを簡略に書いたんだよね

感謝の気持を忘れない日本人でありたいね

  • 2008/02/26(火) 03:09:23 |
  • URL |
  • おれんぢ #G9bPQv7I
  • [ 編集]

これで終わらせちゃいけないと思うんだ。少なくとも外務省とかのお役人は。 そもそも政府やそういった人たちの対応のまずさがこういった問題を起こしたわけで。

あ、だから話題にならないようにしてるのかな。責任の話が出てこないように。。。だとしたら・・・がっかりだ。絶望した!

  • 2008/02/27(水) 21:00:45 |
  • URL |
  • ウエス #IY7bLZJE
  • [ 編集]

ウエスさん>

絶望しないでw

  • 2008/02/27(水) 21:34:17 |
  • URL |
  • おれんぢ #G9bPQv7I
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://amanatsuorange.blog58.fc2.com/tb.php/240-774efdd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。