おれんぢ日記

食いしん坊OLの(食べ歩き、旅行、映画、観劇、登山、健康)くだらない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内周辺旅行3~4日目その2(岡山 奥津温泉その1)

3日目は 岡山の山奥 奥津温泉へ JR津山線 快速ことぶき で向かいました
JR津山線は 岡山~津山まで この間の景色がすごくきれいらしく
うちは鉄道旅行が好きなので すごく楽しみでした
3両編成のローカル列車でした
景色はとてもきれいで良かったんだけど 電車が速くて良い写真撮れませんでした すみません

途中の駅で停車したときのこと
電車がホームに入ってきたと同時に
今そこの店で買ってきました!みたいなビニール袋を提げたおっさんが
電車の端のほうの人に向かって手を振りながら 笑顔で反対側のホームの改札を抜けてきた
なんだろう 誰か知り合いでも乗ってたのかなーと ぼーっと見ていたら
おっさんは反対側のホームから歩道橋を渡ってこっちのホームまで走ってやってきて電車に乗り込んだ
おっさんは 車掌さんに手を振っていたんでした おっさんが乗り込むまで車掌さんは待っててくれた
田舎の ほのぼのした光景はいいな と思いながら乗っていたら あっという間に1時間が過ぎて津山に到着

奥津温泉には ここ津山駅のすぐ向かいにある 津山広域バスセンターから中鉄バスでまた1時間かかる
でも 今日泊まる温泉宿「奥津荘」は バス停「奥津温泉」降りてすぐ目の前だったよ
奥津荘

今日ここに泊まった客は わたしたち2人以外に 3人×2組 しかいなかったので
温泉はほぼ貸切のような状態 誰にも邪魔されず のんびり静かに温泉に浸かれました
ここ奥津荘の温泉は「鍵湯」と呼ばれる温泉で
昔 津山藩主だった森忠正がここの湯を森家専用の湯として鍵をかけて一般人の入浴を禁じていたことから
鍵湯と呼ばれるようになったそうです
昔 奥津温泉のもうちょっと奥に棟方志功が住んでいたことがあって よくここの温泉に入っていたとかで
ロビーには棟方志功の版画が何枚か飾ってありました

朝5時起きで 早朝の誰も入っていない鍵湯でひとり
ん~昔ここで森忠正が入っていたのかあ とか昔の人が入っていた光景を想像しながら入ってきました
渓流

今日泊まる 渓流沿いの2階の部屋の窓からみた風景

着いたときは わ~渓流のせせらぎ いいわあ なんて思っていたわけですが

この夜 天気は ものすごい雨と風になりましてwww
建物も古い木造旅館ですしw
びゅーびゅーバチバチごーごーと物凄い雨と川の音にすごい風音と風でガタガタいう窓の音w
うるさすぎてよく眠れませんでしたwwww




関連記事

テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://amanatsuorange.blog58.fc2.com/tb.php/267-6f07287b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。