おれんぢ日記

食いしん坊OLの(食べ歩き、旅行、映画、観劇、登山、健康)くだらない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の絵空

お待たせしました(誰も待ってない)
我らが 片桐仁さん出演の 冬の絵空 本日観て参りました

冬の絵空

もうとっくに観てたり知ってたりする人も多いでしょうが
これは 新しい解釈で表現された「忠臣蔵」ストーリーです

なるほどこういう解釈も面白いかもねえとは思ったものの
一部・・・?と思う部分もありました
ヒロインおかる(中越典子さん) のどっちつかずの態度にイライラしましたw
考えは人それぞれですね

間に15分の休憩を含む 約3時間と長いものでしたが
前半はなんだか堅苦しく退屈な感じで途中眠たくなった

でも後半
赤穂浪士が討ち入りの時 舞台一面に 南無阿弥陀仏のお経が映し出され
雪が降りしきるような光と闇の芸術の中 大立ち回りが始まりました
それが印象的で目が覚めました
お経って眠くなるものかと思ったら 目が覚めるものだったんですね

そこからは舞台は面白さを増し
最後に舞台に咲く桜の木と桜吹雪が見事で舞台美術が素晴しかったです

もし不満を言うならば
前半にところどころ散りばめられていた「笑い」を期待した部分
この笑わせるためのセリフがとても中途半端であんまり面白くない
真剣な深い話に ぐっ!と引き込むのか 笑わせるならもっと笑わせるようなことするとか
どっちかにしてほしいw
そのため退屈になってしまって前半眠くなったのだ

今回は 中越典子さんが 思っていたより素敵でびっくりしました
すごくよく響く大きな通る声で TVより舞台での方が全体的に光っていた気がします


堀部安兵衛役で内田滋さんが思いがけず出ていて うれしかった
うちはこのひとの 明るいおバカな感じをあらわす時の顔と喋りが好きですw
おかげで堀部安兵衛が 物凄くおバカで軽ぅ~い人物に仕上がってましたw
最後の討ち入りの時はキリっとしまってましたけどね


さて!!肝心の 我らが仁さん!!

キリシタンだったので 人のままでいては殺されてしまう
ということでプライドも何も捨て 生類憐れみの令に便乗し
犬として(犬のフリをして)商人に飼われ生きている男の役

犬の名前はシロ!

セリフはほとんど ワン! ワンワンワン! だけww

なんであの犬の役が仁さんじゃなきゃダメだったん????wて感じの役ではあったけど
犬になった仁さんも 演技というか自然な態度というか やっぱり 「いつもの仁さん」でしたw
意味不明な無駄な動きとかw
すごくかわいくて良いんですけど 時々真面目な顔して立ってるときの表情が怖いwww
メイクのせいもあったとは思いますが・・・・そんな感じの役だったから仕方ないんですけどね

犬の役で・・・犬の被り物を頭につけてるんだけど
どうも被り物の犬の顔と仁さんの顔ソックリだな~被り物しなくていいじゃん!
なんて思って観ていたら
この被り物 仁さんのデザインだったんですね 納得

この仁さんデザインの犬の被り物のシルバーリングが会場でのみ販売予約されていたらしい
わたくし貧乏人なので欲しかったけど買わないで帰りました


舞台の最後に全員出てきて「ありがとうございました~」のあと舞台から去るとき
今回は他のみなさんはおとなしく普通~に下がっていく中
仁さんだけは 「いつもの仁さん」で 飛び上がって両手をブンブン振りながら下がっていった
それが とてもうれしかった


関連記事

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

もう10年近く舞台観に行ってないので
凄く久しぶりに粟根さんと橋本さんの名前を見ましたー。
どんな役でも淡々とした粟根さんの無表情ぶりや
橋本さんの無駄に熱くうっとおしい演技好きだぁ~。

  • 2009/01/14(水) 08:17:38 |
  • URL |
  • 書庫 #-
  • [ 編集]

書庫さん

橋本さんね~今回は そんなに熱くもうっとおしくもなかったよ~
しっかりした大石内蔵助を演じてました
藤木直人が大石内蔵助の偽者を演じて「お~いしぃ~くらぁ~のすけ です!!」
て何度もやってて おかしかったw

  • 2009/01/17(土) 00:20:24 |
  • URL |
  • おれんぢ #G9bPQv7I
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://amanatsuorange.blog58.fc2.com/tb.php/431-9ee913ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。