おれんぢ日記

食いしん坊OLの(食べ歩き、旅行、映画、観劇、登山、健康)くだらない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天にも昇る気持

知ることは 大事だと思うし
生きていれば いつまでも 新しい知識を学んでいくことは必要だと思う
知らないがために損をすることも 迷惑をかけることもあるし
どんなに何かについて調べたつもりで何かを悟った気になっても その瞬間からもうそれは古くなり
後から後からもっと違うことがわかったり 何も知らなかったんだなと思ったりキリがない
常に学び続けて行かなければならないんだろうなとは思う

だけど

知らなかった方が良かったこともある
知ってしまったばっかりに できなくなったり
知ってしまったばっかりに 嫌になったり
知ってしまったばっかりに 憂鬱になったりすることがあるからだ

だから時々

いっそ こんな情報の溢れる現代に生まれなきゃ良かったなと
原始時代に生まれたかったなって思ったりすることがある



小学生の頃 うちは 雨の日や雪の日が好きだった

雨や雪が降ると 犬のように喜んで わざと傘も差さずに外を歩いたりした

どうして好きだったのかというと

天にも昇る気持がしたからだ


雨に打たれながら じっと空を見上げていると たくさんの雨粒が空から降ってくるのがよく見える
そのうちに
たくさんの雨粒の中を 自分が天に向かって昇っているように感じるのだ
ふわっと 身体が軽くなって 空に浮いているように思えるのだ

このままずうっと昇っていったら 雨雲の中まで行けるのかなあとか
今はどこらへんまで昇ったかなあ~なんて ボーっと考えながら降って来る雨を見上げてた

雪の日も同じ
雪の時は 雨の時より 昇ってゆくスピードが遅く感じる ゆっくりゆっくり天に昇るのだ

ほんとは言葉の意味は違うけど こっちのがほんとの天にも昇る気持ちじゃないのかと思う

そんなことで うちは いつも雨の日は「傘持ってでかけなさーい!」て母に言われて
「ハーーイ!」と傘を持ってでかけるのだが
結局傘は差さずに そんなことをしているので ずぶ濡れで家に帰って
「!!!なんで傘持ってるのに そんなに濡れてるの!!!!?」と叱られるのだ


大人になった今は 汚染された雨粒がコワイので もうそんなことはできない

関連記事

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

コメント

あー、確かに。
雪とかきれーいと思ってそのまま食べたりしてたけど、今はムリだなー。
大気中のチリや排気ガスやホコリが入ってると思うと、ねえ?

寝転んで星を見てても、
どんどん宇宙に溶け込んでいく気がしていいよね~。
あー、空気のきれいなところで地面に寝転がって空ながめてたいなあ。

  • 2009/06/15(月) 05:40:58 |
  • URL |
  • ジャジー #-
  • [ 編集]

奇偶だな

この親父も小学校低学年の頃、雪について詩を書いた
内容は忘れたがその情景は今でも覚えてる
確か・・・・・
雪を見てると・・・から始まり
雪は空の案内人・・・だったと思う

幼少の頃の感覚って鋭いよな

今は鈍感になった親父より

  • 2009/06/15(月) 08:23:05 |
  • URL |
  • kazu親父 #qbIq4rIg
  • [ 編集]

ジャジーさん おやっさん

よしっ!
みんなで原始時代へゆこう!
今なら旅割が使えるよ!

  • 2009/06/16(火) 00:01:22 |
  • URL |
  • おれんぢ #G9bPQv7I
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://amanatsuorange.blog58.fc2.com/tb.php/487-a1162ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。